State of the nation – 英ガーディアン紙必読小説1000冊決定版リスト(ジャンル別)

State of the nation

Things Fall Apart, Chinua Achebe
『崩れゆく絆』 チヌア・アチェベ
Anthills of the Savannah, Chinua Achebe
『サバンナのアリ塚』 チヌア・アチェベ
London Fields, Martin Amis
未訳 マーティン・エイミス
Untouchable, Mulk Raj Anand
『不可触民バクハの一日』 M・R・アナンド
Go Tell it on the Mountain, James Baldwin
『山にのぼりて告げよ』 ジェイムズ・ボールドウィン
La Comedie Humaine, Honore de Balzac
『人間喜劇』 オノレ・ド・バルザック
They Were Counted, Miklos Banffy
未訳 ミクローシュ・バーンフィ
A Kind of Loving, Stan Barstow
『或る種の愛情』 スタン・バーストウ
Uncle Tom’s Cabin, Harriet Beecher Stowe
『アンクル・トムの小屋』 ハリエット・ビーチャー・ストウ
Oroonoko, or The Royal Slave, Aphra Behn
『オルノーコ』 アフラ・ベイン
Clayhanger, Arnold Bennett
未訳 ア-ノルド・ベネット
The Last September, Elizabeth Bowen
未訳 エリザベス・ボウエン
Room at the Top, John Braine
『年上の女』 ジョン・ブレイン
A Dry White Season, Andre Brink (Kindle版あり)
白く渇いた季節』 アンドレ・ブリンク/大熊 栄訳
Shirley, Charlotte Bronte
『シャーリー』 シャーロット・ブロンテ
Earthly Powers, Anthony Burgess
未訳 アントニー・バージェス
The Virgin in the Garden, AS Byatt
未訳 A・S・バイアット
Tobacco Road, Erskine Caldwell
『タバコ・ロード』 アースキン・コールドウェル
The Plague, Albert Camus
『ペスト』 アルベール・カミュ
The Kingdom of this World, Alejo Carpentier
『この世の王国』 アレッホ・カルペンティエール
What a Carve Up!, Jonathan Coe
未訳 ジョナサン・コー
Disgrace, JM Coetzee
恥辱』 J・M・クッツェー / 鴻巣 友季子訳
Waiting for the Barbarians, JM Coeztee
『夷狄を待ちながら』 J・M・クッツェー
Microserfs, Douglas Coupland
『マイクロサーフス』 ダグラス・クープランド
Moll Flanders, Daniel Defoe
『モル・フランダース』 ダニエル・デフォー
Underworld, Don DeLillo
『アンダーワールド』 ドン・デリーロ
White Noise, Don DeLillo
『ホワイト・ノイズ』 ドン・デリーロ
A Tale of Two Cities, Charles Dickens
『二都物語』 チャールズ・ディケンズ
Bleak House, Charles Dickens
『荒涼館』 チャールズ・ディケンズ
Dombey and Son, Charles Dickens
『ドンビー父子』 チャールズ・ディケンズ
Hard Times, Charles Dickens
『ハード・タイムズ』 チャールズ・ディケンズ
Little Dorritt, Charles Dickens
『リトル・ドリット』 チャールズ・ディケンズ
Oliver Twist, Charles Dickens
『オリバー・ツイスト』 チャールズ・ディケンズ
Play It As It Lays, Joan Didion
未訳 ジョアン・ディディオン
Sybil or The Two Nations, Benjamin Disraeli
未訳 ベンジャミン・ディズレーリ
Berlin Alexanderplatz, Alfred Doblin
『ベルリン・アレクサンダー広場』 アルフレッド・デーブリーン
The Book of Daniel, EL Doctorow
『ダニエル書』 E・L・ドクトロウ
Notes from the Underground, Fyodor Dostoevsky
『地下室の手記』 フョードル・ドストエフスキー
The Idiot, Fyodor Dostoevsky
『白痴』 フョードル・ドストエフスキー
USA, John Dos Passos
『USA』 ドス・パソス
Sister Carrie, Theodor Dreiser
『シスター・キャリー』 セオドア・ドライザー
Castle Rackrent, Maria Edgeworth
『ラックレント城』 ライア・エッジワース
Middlemarch, George Eliot
『ミドルマーチ』 ジョージ・エリオット
Silas Marner, George Eliot
『サイラス・マーナー』 ジョージ・エリオット
The Invisible Man, Ralph Ellison
『見えない人間』 ラルフ・エリソン
Sentimental Education, Gustave Flaubert
『感情教育』 ギュスターヴ・フローベール
Effi Briest, Theodore Fontane
『罪なき罪』 テーオドール・フォンターネ
Independence Day, Richard Ford
未訳 リチャード・フォード
A Passage to India, EM Forster
『インドへの道』 E・M・フォースター
The Corrections, Jonathan Franzen
『コレクションズ』 ジョナサン・フランゼン
The Recognitions, William Gaddis
未訳 ウィリアム・ギャディス
Cranford, Elizabeth Gaskell
『女だけの町』 エリザベス・ギャスケル
North and South, Elizabeth Gaskell
未訳 エリザベス・ギャスケル
The Counterfeiters, Andre Gide
『贋金つくり』 アンドレ・ジッド
The Odd Women, George Gissing
『余計者の女たち』 ジョージ・ギッシング
New Grub Street, George Gissing
『三文文士』 ジョージ・ギッシング
July’s People, Nadine Gordimer
未訳 ナディン・ゴーディマー
Mother, Maxim Gorky
『母』 マクシム・ゴーリキー
Lanark, Alastair Gray
『ラナーク 四巻からなる自伝』 アラスター・グレイ
Love on the Dole, Walter Greenwood
未訳 ウォルター・グリーンウッド
The Mayor of Casterbridge, Thomas Hardy
『カスターブリッジの市長』 トマス・ハーディ
A Kestrel for a Knave, Barry Hines
『ケス 鷹と少年』バリー・ハインズ
The Line of Beauty, Alan Hollinghurst
未訳 アラン・ホリングハースト
South Riding, Winifred Holtby
未訳 ウィニフレッド・ホルトビー
Les Miserables, Victor Hugo
『レ・ミゼラブル』 ヴィクトル・ユーゴー
Goodbye to Berlin, Christopher Isherwood
『ベルリンよ、さらば』 クリストファー・イシャーウッド
Chronicle in Stone, Ismael Kadare
未訳 イスマイル・カダレ
How Late it Was, How Late, James Kelman
未訳 ジェームズ・ケルマン
The Leopard, Giuseppi di Lampedusa
『山猫』 ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ
A Girl in Winter, Philip Larkin (Kindle版あり)
未訳 フィリップ・ラーキン
Passing, Nella Larsen
『白い黒人』 ネラ・ラーセン
The Grass is Singing, Doris Lessing
『草は歌っている』 ドリス・レッシング
Babbitt, Sinclair Lewis
未訳 シンクレア・ルイス
Elmer Gantry, Sinclair Lewis
『エルマー・ガントリー』 シンクレア・ルイス
Main Street, Sinclair Lewis
『本町通り』 シンクレア・ルイス
Absolute Beginners, Colin MacInnes
『ビギナーズ』 コリン・マックィネス
The Group, Mary McCarthy
『グループ』 メアリイ・マッカーシイ
Amongst Women, John McGahern
未訳 ジョン・マクガハン
The Posthumous Memoirs of Bras Cubas, Joaquim Maria Machado de Assis
『ブラス・クーバスの死後の回想 』 マシャード・デ・アシス
Of Love & Hunger, Julian Maclaren-Ross
未訳
Remembering Babylon, David Malouf
未訳 デイヴィッド・マルーフ
The Magic Mountain, Thomas Mann
『魔の山』 トーマス・マン
The Betrothed, Alessandro Manzoni
『いいなづけ』 アレッサンドロ・マンゾーニ
Bel-Ami, Guy de Maupassant
『ベラミ』 ギ・ド・モーパッサン
A Fine Balance, Rohinton Mistry (Kindle版あり)
未訳 ロヒントン・ミストリー
The Time of Indifference, Alberto Moravia
『無関心な人びと』 アルベルト・モラヴィア
A Bend in the River, VS Naipaul (Kindle版あり)
暗い河』 V・S・ナイポール/小野寺健訳
McTeague, Frank Norris
『死の谷』 フランク・ノリス
Personality, Andrew O’Hagan
未訳 アンドリュー・オヘイガン
Animal Farm, George Orwell
『動物農場』 ジョージ・オーウェル
The Ragazzi Pier, Paolo Pasolini
『生命ある若者』 ピエル・パオロ・パゾリーニ
Cry, the Beloved Country, Alan Paton
未訳 アラン・ペイトン
The Moon and the Bonfire, Cesare Pavese
『月とかがり火』 チェーザレ・パヴェーゼ
GB84, David Peace
未訳 デイヴィッド・ピース
Headlong Hall, Thomas Love Peacock
未訳
Afternoon Men, Anthony Powell
未訳 アンソニー・パウエル
Vineland, Thomas Pynchon
『ヴァインランド』 トマス・ピンチョン
The Radetzky March, Joseph Roth
『ラデツキー行進曲』 ヨーゼフ・ロート
American Pastoral, Philip Roth
未訳 フィリップ・ロス
The Human Stain, Philip Roth
『ヒューマン・ステイン』 フィリップ・ロス
Midnight’s Children, Salman Rushdie
『真夜中の子供たち』 サルマン・ラシュディ
Shame, Salman Rushdie
『恥』 サルマン・ラシュディ
To Each his Own, Leonardo Sciascia
未訳 レオナルド・シャーシャ
Staying On, Paul Scott
未訳 ポール・スコット
Last Exit to Brooklyn, Hubert Selby Jr
『ブルックリン最終出口』 ヒューバート・セルビー・ジュニア
The Lonely Londoners, Samuel Selvon
未訳 サミュエル・セルヴォン
God’s Bit of Wood, Ousmane Sembene
『神の森の木々』 ウスマン・センベーヌ
The Case of Comrade Tulayev, Victor Serge
未訳 ヴィクトル・セルジュ
Richshaw Boy, Lao She
『駱駝祥子』 老舎
Saturday Night and Sunday Morning, Alan Sillitoe
『土曜の夜と日曜の朝』 アラン・シリトー
The Jungle, Upton Sinclair
『ジャングル』 アプトン・シンクレア
Novel on Yellow Paper, Stevie Smith
未訳 スティーヴィー・スミス
White Teeth, Zadie Smith
『ホワイト・ティース』 ゼイディー・スミス
One Day in the Life of Ivan Denisovtich, Alexandr Solzhenitsyn
『イワン・デニーソヴィチの一日』 アレクサンドル・ソルジェニーツィン
The Grapes of Wrath, John Steinbeck
『怒りの葡萄』 ジョン・スタインベック
The Red and the Black, Stendhal
『赤と黒』 スタンダール
This Sporting Life, David Storey
『孤独の報酬』 デイヴィッド・ストーリー
The Red Room, August Stringberg
未訳 アウグスト・ストリンドベルヒ
The Home and the World, Rabindranath Tagore
『家と世界』 ラビンドラナート・タゴール
Vanity Fair, William Makepeace Thackeray
『虚栄の市』 ウィリアム・メイクピース・サッカレー
The Ragged Trousered Philanthropists, Robert Tressell
未訳 ロバート・テッセル
The Last Chronicle of Barset, Anthony Trollope
未訳 アントニー・トロロープ
The Way We Live Now, Anthony Trollope
未訳 アントニー・トロロープ
The Adventures of Tom Sawyer, Mark Twain
『トム・ソーヤーの冒険』 マーク・トウェイン
Couples, John Updike
『カップルズ』 ジョン・アップダイク
Z, Vassilis Vassilikos
『Z』 バシリス・バシリコス
Billy Liar, Keith Waterhouse
『うそつきビリー』 キース・ウォーターハウス
Trainspotting, Irvine Welsh
『トレインスポッティング』 アーヴィン・ウェルシュ
The Day of the Locust, Nathanael West
『いなごの日』 ナセニェル・ウェスト
The Return of the Soldier, Rebecca West
『戦場の罠』 レベッカ・ウェスト
The House of Mirth, Edith Wharton
『歓楽の家』イーディス・ウォートン
The Bonfire of the Vanities, Tom Wolfe
『虚栄の篝火』 トム・ウルフ
Germinal, Emile Zola
『ジェルミナール』 エミール・ゾラ
La Bete Humaine, Emile Zola
『獣人』 エミール・ゾラ

合計134タイトル

One thought on “State of the nation – 英ガーディアン紙必読小説1000冊決定版リスト(ジャンル別)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s