Family and self – 英ガーディアン紙必読小説1000冊決定版リスト(ジャンル別)

Family and self

The Face of Another, Kobo Abe / E.DALE SAUNDERS 訳 (Kindle版あり)
他人の顔』 安部公房
Little Women, Louisa May Alcott
『若草物語』 ルイザ・メイ・オルコット
Behind the Scenes at the Museum, Kate Atkinson
『博物館の裏庭で』 ケイト・アトキンソン
Cat’s Eye, Margaret Atwood
未訳 マーガレット・アトウッド
Epileptic, David B
『大発作』 ダビッド・ベー
Room Temperature, Nicholson Baker
『室温』 ニコルソン・ベイカー
Eugenie Grandet, Honore de Balzac
『ウージェニー・グランデ』 オノレ・ド・バルザック
Le Pere Goriot, Honore de Balzac
『ゴリオ爺さん』 オノレ・ド・バルザック
The Crow Road, Iain Banks
未訳 イアン・バンクス
The L Shaped Room, Lynne Reid Banks
未訳 リン・リード・バンクス
Fun Home, Alison Bechdel
未訳
Malone Dies, Samuel Beckett
『マロウンは死ぬ』 サミュエル・ベケット
A Legacy, Sybille Bedford
未訳
Herzog, Saul Bellow
『ハーツォグ』 ソール・ベロー
Humboldt’s Gift, Saul Bellow
『フンボルトの贈り物』 ソール・ベロー
The Old Wives’ Tale, Arnold Bennett
『二人の女の物語』 アーノルド・ベネット
G, John Berger
『G』 ジョン・バージャー
Extinction, Thomas Bernhard
『消去』 トーマス・ベルンハルト
Two Serious Ladies, Jane Bowles
『ふたりの真面目な女性』 ジェイン・ボウルズ
Any Human Heart, William Boyd
未訳 ウィリアム・ボイド
The Death of Virgil, Hermann Broch
『ヴェルギリウスの死』 ヘルマン・ブロッホ
Evelina, Fanny Burney
未訳 ファニー・バーニー
The Way of All Flesh, Samuel Butler
『万人の道』 サミュエル・バトラー
The Sound of my Voice, Ron Butlin
未訳 ロン・バトリン
The Outsider, Albert Camus
『異邦人』 アルベール・カミュ
Wise Children, Angela Carter
『ワイズ・チルドレン』 アンジェラ・カーター
The Professor’s House, Willa Cather
『教授の家』 ウィラ・キャザー
The Wapshot Chronicle, John Cheever
『ワップショット家の人びと』『ワップショット家の醜聞』 ジョン・チーヴァー
The Awakening, Kate Chopin
『目覚め』 ケイト・ショパン
Les Enfants Terrible, Jean Cocteau
『恐るべき子供たち』 ジャン・コクトー
The Vagabond, Sidonie-Gabrielle Colette
『さすらいの女』 シドニー=ガブリエル・コレット
Manservant and Maidservant, Ivy Compton-Burnett
未訳 アイヴィ・コンプトン=バーネット
Being Dead, Jim Crace
『死んでいる』 ジム・クレイス
Quarantine, Jim Crace
『四十日』 ジム・クレイス
The Mandarins, Simone de Beauvoir
『レ・マンダラン』 シモーヌ・ド・ボーヴォワール
Roxana, Daniel Defoe
『ロクサーナ』 ダニエル・デフォー
Great Expectations, Charles Dickens
『大いなる遺産』 チャールズ・ディケンズ
The Brothers Karamazov, Fyodor Dostoevsky
『カラマーゾフの兄弟』 フョードル・ドストエフスキー
My New York Diary, Julie Doucet
『マイ ニューヨーク ダイアリー』ジュリ-・デュウシェー
The Millstone, Margaret Drabble
『碾臼』 マーガレット・ドラブル
My Family and Other Animals, Gerald Durrell
『虫とけものと家族たち』 ジェラルド・ダレル
Silence, Shusaku Endo
『沈黙』 遠藤周作
The Gathering, Anne Enright
未訳 アン・エンライト
Middlesex, Jeffrey Eugenides
『ミドルセックス』 ジェフリー・ユージェニデス
As I Lay Dying, William Faulkner
『死の床に横たわりて』 ウィリアム・フォークナー
The Sound and the Fury, William Faulkner
『響きと怒り』 ウィリアム・フォークナー
The Sportswriter, Richard Ford
未訳 リチャード・フォード
Howards End, EM Forster
『ハワーズ・エンド』 E・M・フォースター
Spies, Michael Frayn
『スパイたちの夏』 マイケル・フレイン
Hideous Kinky, Esther Freud
『郷愁のモロッコ』 エスター・フロイト
The Man of Property, John Galsworthy
『財産家ーフォーサイト家の物語』 ジョン・ゴールズワージー
Mary Barton, Elizabeth Gaskell
『メアリー・バートン』 エリザベス・ギャスケル
The Immoralist, Andre Gide
『背徳者』 アンドレ・ジッド
The Vatican Cellars, Andre Gide
『法王庁の抜け穴』 アンドレ・ジッド
The Vicar of Wakefield, Oliver Goldsmith
『ウェイクフィールドの牧師』 オリバー・ゴールドスミス
The Power and the Glory, Graham Greene
『権力と栄光』 グレアム・グリーン
Hunger, Knut Hamsun
『飢え』 クヌート・ハムスン
The Shrimp and the Anemone, LP Hartley
未訳 L・P・ハートリー
The Old Man and the Sea, Ernest Hemingway
『老人と海』 アーネスト・ヘミングウェイ
Steppenwolf, Herman Hesse
『荒野のおおかみ』 ヘルマン・ヘッセ
Narziss and Goldmund, Hermann Hesse
『知と愛』 ヘルマン・ヘッセ
The Three Paradoxes, Paul Hornschemeier
未訳
Tom Brown’s Schooldays, Thomas Hughes
『トム・ブラウンの学校生活』 トマス・ヒューズ
A Prayer for Owen Meany, John Irving
『オウエンのために祈りを』 ジョン・アーヴィング
The Ambassadors, Henry James
『大使たち』 ヘンリー・ジェイムズ
Washington Square, Henry James
『ワシントン・スクエア』 ヘンリー・ジェイムズ
The Tortoise and the Hare, Elizabeth Jenkins
未訳 エリザベス・ジェンキンス
The Unfortunates, BS Johnson
未訳 B・S・ジョンソン
A Portrait of the Artist as a Young Man, James Joyce
『若い芸術家の肖像』 ジェイムズ・ジョイス
Ulysses, James Joyce
『ユリシーズ』 ジェイムズ・ジョイス
Good Behaviour, Molly Keane
未訳 モリー・キーン
Memet my Hawk, Yasar Kemal
未訳 ヤシャル・ケマル
One Flew Over the Cuckoo’s Nest, Ken Kesey
『カッコウの巣の上で』 ケン・キージー
The Buddha of Suburbia, Hanif Kureishi
『郊外のブッダ』 ハニフ・クレイシ
Sons and Lovers, DH Lawrence
『息子と恋人』 D・H・ロレンス
Cider with Rosie, Laurie Lee
『ロージーとリンゴ酒』 ローリー・リー
Invitation to the Waltz, Rosamond Lehmann
『ワルツへの招待』 ロザモンド・レーマン
The Golden Notebook, Doris Lessing
『黄金のノート』 ドリス・レッシング
How Green was My Valley, Richard Llewellyn
『わが谷は緑なりき』 リチャード・レウェイン
Martin Eden, Jack London
『ジャック・ロンドン自伝的物語』 ジャック・ロンドン
Under the Volcano, Malcolm Lowry
『活火山の下』 マルカム・ラウリー
The Member of the Wedding, Carson McCullers
『夏の黄昏』 カーソン・マッカラーズ
Palace Walk, Naguib Mahfouz
『張り出し窓の街』 ナギブ・マフフーズ
The Assistant, Bernard Malamud
『アシスタント』 バーナード・マラマッド
Buddenbrooks, Thomas Mann
『ブッデンブローグ家の人々』 トーマス・マン
The Chateau, William Maxwell
未訳 ウィリアム・マクスウェル
The Rector’s Daughter, FM Mayor
未訳 F・M・メイヤー
The Ordeal of Richard Feverek, George Meredith
『リチャード・フェヴェレルの試練ー父と子の物語』 ジョージ・メレディス
Family Matters, Rohinton Mistry
未訳 ロヒントン・ミストリー
Sour Sweet, Timothy Mo
未訳 ティモシー・モー
The Lonely Passion of Judith Hearne, Brian Moore
未訳 ブライアン・ムーア
The Bluest Eye, Toni Morrison
『青い眼がほしい』 トニ・モリソン
Song of Solomon, Toni Morrison
『ソロモンの歌』 トニ・モリソン
Who Do You Think You Are?, Alice Munro
未訳 アリス・マンロー
The Black Prince, Iris Murdoch
『黒衣の王子』 アイリス・マードック
The Man Without Qualities, Robert Musil
『特性のない男』 ロベルト・ムージル
A House for Mr Biswas, VS Naipaul
未訳 V・S・ナイポール
At-Swim-Two-Birds, Flann O’Brien
スウィム・トゥー・バーズにて』フラン・オブライエン / 大澤 正佳訳
Teach Us to Outgrow Our Madness, Kezaburo Oe
『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』 大江健三郎
The Moviegoer, Walker Percy
『映画狂時代』 ウォーカー・パーシー
The Bell Jar, Sylvia Plath
『ベル・ジャー』 シルヴィア・プラス
My Name Is Asher Lev, Chaim Potok
未訳 ハイム・ポトク
The Good Companions, JB Priestley
『友達座』 J・B・プリーストリー
The Shipping News, E Annie Proulx
『港湾ニュース』 E・アニー・プルー
Remembrance of Things Past, Marcel Proust
『失われた時を求めて』 マルセル・プルースト
A Married Man, Piers Paul Read
未訳 ピアズ・ポール・リード
Pointed Roofs, Dorothy Richardson
未訳 ドロシー・リチャードソン
The Fortunes of Richard Mahoney, Henry Handel Richardson
未訳 ヘンリー・ハンデル・リチャードソン
Call it Sleep, Henry Roth
未訳 ヘンリー・ロス
Julie, ou la Nouvelle Heloise, Jean-Jacques Rousseau
『ジュリ または新エロイーズ』 ジャン=ジャック・ルソー
The God of Small Things, Arundhati Roy
『小さきものたちの神』 アルンダティ・ロイ
The Catcher in the Rye, JD Salinger
『ライ麦畑でつかまえて』 J・D・サリンジャー
Alberta and Jacob, Cora Sandel
未訳
A Suitable Boy, Vikram Seth
未訳 ヴィクラム・セス
Unless, Carol Shields
未訳 キャロル・シーズ
We Need to Talk About Kevin, Lionel Shriver
『少年は残酷な弓を射る』 ライオネル・シュライヴァー
The Three Sisters, May Sinclair
未訳 メイ・シンクレア
The Family Moskat or The Manor or The Estate, Isaac Bashevis Singer
未訳 アイザック・バシェヴィス・シンガー
A Thousand Acres, Jane Smiley
『大農場』 ジェーン・スマイリー
On Beauty, Zadie Smith
未訳 ゼイディー・スミス
The Man Who Loved Children, Christina Stead
未訳 クリスティーナ・ステッド
East of Eden, John Steinbeck
『エデンの東』 ジョン・スタインベック
Ballet Shoes, Noel Streatfield
『バレエ・シューズ』 ノエル・ストレトフィールド
Confessions of Zeno, Italo Svevo
未訳 イタロ・ズヴェーヴォ
The Magnificent Ambersons, Booth Tarkington
『偉大なるアンバーソン家の人々』 ブース・ターキントン
Angel, Elizabeth Taylor
『エンジェル』 エリザベス・テイラー
Lark Rise to Candleford, Flora Thompson
『ラークライズ』 フローラ・トンプソン
The Blackwater Lightship, Colm Toibin
未訳 コルム・トビーン
The Secret Diary of Adrian Mole, Aged 13 3/4, Sue Townsend
『ぼくのヒ・ミ・ツ日記』 スー・タウンゼント
Death in Summer, William Trevor
未訳 ウィリアム・トレヴァー
Fathers and Sons, Ivan Turgenev
『父と子』 イワン・ツルゲーネフ
Peace in War, Miguel de Unamuno
未訳 ミゲル・デ・ウナムーノ
The Rabbit Omnibus, John Updike
『ウサギ四部作』 ジョン・アップダイク
The Color Purple, Alice Walker
『カラー・パープル』 アリス・ウォーカー
Jimmy Corrigan, The Smarest Kid on Earth, Chris Ware
『JIMMY CORRIGAN』 クリス・ウェア
Morvern Callar, Alan Warner
『モーヴァン』 アラン・ウォーナー
The History of Mr Polly, HG Wells
『ポーリー氏の生涯』 H・G・ウェルズ
The Fountain Overflows, Rebecca West
未訳 レベッカ・ウエスト
Frost in May, Antonia White
『五月の霜』 アントニア・ホワイト
The Tree of Man, Patrick White
『人間の樹』 パトリック・ホワイト
The Picture of Dorian Gray, Oscar Wilde
『ドリアン・グレイの肖像』 オスカー・ワイルド
Oranges Are Not the Only Fruit, Jeanette Winterson
『オレンジだけが果物じゃない』 ジャネット・ウィンターソン
I’ll Go to Bed at Noon, Gerard Woodward
未訳 ジェラルド・ウッドワード
To the Lighthouse, Virginia Woolf
『灯台へ』 ヴァージニア・ウルフ
Mrs Dalloway, Virginia Woolf
『ダロウェイ夫人』 ヴァージニア・ウルフ
Swiss Family Robinson, Johann David Wyss
『スイスのロビンソン』 ヨハン・ダビット・ウィース

合計146タイトル

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s